ヤングケアラー支援

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

自公国が方針まとめる

会合に出席する石井幹事長(右から3人目)と伊藤(た)氏(右端)=8日 国会内

3党幹事長と伊藤(た)氏ら実務者

日常的に家族の介護などを担う18歳未満の子ども「ヤングケアラー」への対応を巡り、自民、公明の与党両党と国民民主党の3党幹事長と実務者は8日、国会内で会談し、ヤングケアラー支援を一層推進するための取り組み方針を了承した。公明党から石井啓一幹事長、伊藤たかえ参院議員が出席。取り組み方針は3党実務者が取りまとめた。

取り組み方針では、学校現場や市区町村などがヤングケアラーを把握し、適切な支援や生活改善までつなげる体制整備や、学校・福祉現場の人材育成、当事者・支援者らの活動支援などを列挙した。

さらに、こうした課題の解決に向けた仕組みづくりについて、法制化の必要性も含め、早期に結論を得られるよう引き続き検討することとした。

会合終了後、公明党の伊藤氏は「子どもが声を上げられない中、周囲の大人がどう気付いてあげられるか。子どもと、その家族を守るため、具体的な検討を今後も進めたい」と述べた。