国民生活守るのは公明(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)
_1 (2)

伊藤さんが渾身の訴え 兵庫の街頭で赤羽氏

公明党兵庫県本部(赤羽一嘉代表=衆院議員)は13日、神戸市内で街頭演説会を開き、赤羽氏と伊藤たかえ党女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)が、あいさつした。

赤羽氏は、今夏の参院選から兵庫選挙区の定数が増えることに関し、「県民の声を、今まで以上に国政へ反映させるチャンスが巡ってきた」と強調し、生活第一の公明党への支援を呼び掛けた。

さらに、国民の命を守る平和安全法制に「戦争法」とレッテルを貼り、消費税の軽減税率導入を批判している野党などに対し、「“思考停止”も甚だしい。国民生活は後回しだ」と厳しく批判した。

伊藤さんは、「(各地の地域資源が豊かな)兵庫県の底力をますます発揮させ、希望あふれる未来をめざして全力で走り抜く」と、力強く決意を述べた。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160314_19437

地方への定住を後押し(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (1)

伊藤さんが兵庫で視察 田舎暮らしの体験施設

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は11日、兵庫県丹波市青垣町の神楽地域を訪れ、定住促進や地域活性化に向けた取り組みを視察した。島山清史県議が同行した。

同地域は、人口約1400人、七つの集落からなる農山村。人口減少と高齢化が進む中、豊かな自然を生かした定住促進策に力を入れている。その一つが、県の補助事業を活用して整備した古民家施設「かじかの郷」。1カ月単位の賃貸契約で田舎暮らしを体験してもらおうと2012年12月にオープン。以来、31家族1団体が利用し、新年度以降もほぼ予約で埋まるなど好評を博している。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160312_19417

介護職の若者と懇談会(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)
_1

待遇改善、待ったなし 兵庫・伊藤さん

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は6日、神戸市内で開かれた職種別懇談会「つながるカフェ」(会費制)に出席した。第2回目の今回は「介護」をテーマに、介護・障がい者福祉の現場で働く若者と活発に意見を交わした。党県青年局の島山清史局長(県議)、高瀬勝也局次長(神戸市議)も参加した。

席上、特別養護老人ホームに勤務する西村真人さん(39)は、「毎月誰かが辞める状況」と介護現場の慢性的な人手不足を指摘。

また、介護職員の待遇改善を求める声が相次いで寄せられ、デイサービス施設で働く山川芙美子さん(28)は「給与面だけでなく、産休など福利厚生が整っていないので女性が長く続けられる環境ではない」と訴えた。

伊藤さんは「介護の現場を支える皆さんの切実な声を政治に届け、カタチにしていく」と話した。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160307_19371

日本の技術を海外に展開(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (2)

知的戦略で意見交換 避雷器メーカーで中野氏と伊藤さん 兵庫・尼崎市

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は29日、中野洋昌衆院議員と共に、兵庫県尼崎市にある音羽電機工業株式会社(吉田修社長)を訪れ、世界進出に向けた知的財産権の活用について意見交換を行った。

音羽電機工業は、避雷器などを製造する国内唯一の雷対策の専門メーカー。避雷器に用いられる特殊な素材の製造技術が強みで、同社製の避雷器は、国内の電柱の7割に使われているほか、国産初のジェット旅客機や、東北新幹線などに搭載されているという。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160301_19318

 

街頭で防災力の向上訴え(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (1)

兵庫 伊藤たかえ さん

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は28日、兵庫県西宮市と尼崎市でそれぞれ開かれた党兵庫県本部主催の街頭演説会に参加した。

このうち西宮市内で伊藤さんは、阪神・淡路大震災での被災経験を原点に、弁護士として建物の耐震性などの問題に携わってきたことに触れ、「安全で安心な暮らしの基盤は防災力。兵庫の防災・減災に取り組む」と訴えた。さらに、弁護士時代に特許や商標といった知的財産権の問題を扱ってきた伊藤さんは、「兵庫の農漁業や地場産業、観光地など豊富な地域資源をブランド化し、世界につなぐ攻めの産業支援で、希望の未来を開きたい」と力強く決意を語った。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160229_19306

 

駆ける! 参院選 選挙区予定候補(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1

兵庫選挙区 定数3 伊藤 たかえ 新

伊藤たかえさんの声が震えた。かつて関わった中小企業の“復活劇”に感極まったのだ。十数年前、この企業の前身の鉄道部品メーカーが倒産した。会社の整理を引き受けた弁護士の伊藤さんは、頭を下げて一軒一軒、取引先を回り、債務を精算。後に、技術力を持つ社の若手職人らが新会社を立ち上げ、国内有数の規模にまで成長していたのだった。

弁護士歴18年。民事再生などの案件を数多く手掛けてきた。中小企業の苦悩を知り抜くだけに、「経済の支え手を守り、『兵庫創生』を断じて」との訴えに力がこもる。

小さな商店を営む父母の姿を見て育った伊藤さんにとって、商店街の活性化も目標の一つだ。分刻みのスケジュールの合間を縫い、神戸市須磨区の板宿商店街へ。空き店舗を安く提供し、若者らの出店が相次ぐ同商店街。「起業意欲を引き出し、集客力のアップにつなげる施策を展開したい」。キラリと目が輝いた。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160319_19488

 

生活困窮者の自立支える(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (9)

兵庫・伊丹市の取り組み視察 山本(香)さん、中野氏と伊藤さんら

公明党の山本香苗女性局長(参院議員)と中野洋昌衆院議員は22日、伊藤たかえ同局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)と共に、兵庫県伊丹市で生活困窮者支援の現場を視察した。同県議会公明党・県民会議の坪井謙治、篠木和良の両県議、篠原光宏市議が同行した。

生活困窮者自立支援法の施行を受け、同市は昨年、県が認定する困窮者支援の民間業者と、競争入札によらず任意で公共事業の契約ができる基準を策定。市担当者によると、隣接する川西市が今年、同様の基準を策定した以外には「全国でもまれな取り組み」という。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160223_19259

 

農業、観光で地域振興を(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (8)

若手経営者らと懇談  伊藤さん 兵庫・淡路島を視察

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は20日、農業と観光の振興策を探ろうと兵庫県淡路島を視察した。

伊藤さんは同島南端・南あわじ市の伊吹農園の経営者・伊吹智則さん(36)と懇談。伊吹さんは「淡路島たまねぎ」のブランド力を生かした販路開拓などに触れ、「やり方次第で十分な収益が出る」と強調し、「農機などの初期投資が高く新規就農は大変。目先でなく未来を見越した農業へのサポートを」と要望した。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160221_19241

 

子どもと向き合う教育に(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (7)

職種別第1回カフェ懇談会 神戸で伊藤さんら出席

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は14日、神戸市で、職種別の“生の声”を聞く懇談会「つながるカフェ」(会費制)に出席した。第1回の今回は「教育」がテーマで、若手教員や保育士と語り合った。党県青年局の島山清史局長(県議)、高瀬勝也局次長(市議)も参加した。

懇談では小学校教員らが「もっと子どもと向き合いたい」と希望。山守裕さん(26)が「40人学級では一人一人への指導は困難」と指摘。藤原健人さん(25)が「学校運営の負担も大きい」と語ると、黒田道夫さん(35)は「多忙で、授業の質の向上も厳しい」と話した。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160216_19199

 

非正規雇用、待遇改善して!(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (6)

VOICE ACTION 伊藤さん 「若者の声、政治に届ける」 神戸で街頭調査

“若者の声”で政治を動かす!―。公明党青年委員会が全国各地で進めている政策アンケート「VOICE ACTION」。その街頭アンケート活動が11日、神戸市中央区で行われ、伊藤たかえ党女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)が、道行く若者に協力を呼び掛けた。党青年委の濱村進副委員長(衆院議員)と党兵庫県本部の島山清史青年局長(県議)、男女青年党員らが応援に駆け付けた。

党青年委が昨秋実施した青年政治意識調査によると、期待が大きかった政策案は、(1)非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円(時給)の実現(2)無料で使える公衆無線LANの充実(3)不妊治療の公費助成や幼児教育の無償化(4)婚活や新婚世帯の支援(5)月曜午前半休の促進など働き方・休み方改革―の五つ。今回の「VOICE ACTION」は、この中から特に希望する政策案を、若者に選んでもらう取り組みだ。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160212_19176

 

 

最先端技術で未来開く(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (5)

スパコン「京」の活用応援 神戸市で伊藤さんら

公明党の伊藤たかえ女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は8日、神戸市中央区にある理化学研究所の計算科学研究機構を訪れ、スーパーコンピューター(スパコン)「京」を視察した。これには髙瀬勝也市議が同行した。

2012年に供用を開始した「京」は世界最高峰の性能を誇るスパコン。昨年11月には、大規模データの解析性能を競う世界ランキング(Graph500)で、14年6月以来の1位に返り咲いている。

現場では、同機構の井上愛一郎総括役が、「京」を活用したシミュレーション(高速演算による現実の再現)で、創薬など産業の革新を促進している例を説明したほか、津波などのメカニズムの解析で、防災・減災に貢献できる可能性を示し、「産業の発展や安全・安心を推進する研究を進めたい」と強調した。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160209_19153

“攻めの農業”推進に全力(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (4)

伊藤さんらが視察 兵庫の園芸モデル団地

“攻めの農業”推進へ、兵庫県議会公明党・県民会議(岸本一尚幹事長)の議員団は26日、伊藤たかえ党女性局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)と共に、同県加西市の「次世代施設園芸モデル団地」を視察した。

同団地は国と県の助成を受け昨年夏に運営を開始。地域農業の振興と人材育成のモデルとしての発信をめざす関西圏でも最大級のトマト栽培ハウスだ。農業先進国・オランダのノウハウの導入で、温度や湿度などを自動制御し、高品質のトマトを出荷できる。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160127_19042

 

 

巨大複合災害への備え急げ(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (3)

兵庫で「復興フォーラム」  河田教授が基調講演 石川氏、伊藤さんらが出席

公明党関西青年会議は、阪神・淡路大震災から21年を翌日に控えた16日、神戸市内で、関西大学の河田惠昭教授(人と防災未来センター長)を迎えて、「関西復興フォーラム2016~兵庫発、希望の未来を開く」を開催した。同会議議長を務める石川ひろたか参院議員(参院選予定候補=大阪選挙区)や伊藤たかえ党女性局次長(同=兵庫選挙区)らが出席し、復興などに取り組む決意を述べた。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20160117_18963

保育料軽減さらに(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (2)

公明党の伊藤たかえ女性局次長は24日、神戸市の兵庫県庁で井戸敏三知事に会い、県が実施している多子世帯に対する保育料軽減事業を拡充するよう申し入れた。中野洋昌衆院議員をはじめ、県議、西宮市と明石市の女性市議、党員らが同席した。

党兵庫県本部は、第3子以降が対象の同事業を、第2子以降に広げることを求める署名を先月から実施し、約1カ月間で56万8873人の賛同者を集めた。

伊藤さんは、署名簿を手渡しながら、「若い人が子育てしやすくなることが重要だ。県民の1割を超える署名が集まり、多くの人が(拡充を)望んでいる」と強調。これに対し井戸知事は、「皆さんの熱い気持ちを踏まえ、検討させていただく」と答えた。

(以下、引用)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20151225_18824

 

 

 

若者の意見政策に反映(公明新聞)

公明新聞に「伊藤たかえ」の記事が掲載されました。

(以下、引用)

_1 (1)

中野局長が強調 「関西学生懇談会」を開催 石川、伊藤、熊野氏ら参加

公明党の中野洋昌学生局長(衆院議員)は18日、大阪市西区の関西公明会館で開かれた党関西青年会議(石川ひろたか議長=参院議員)主催の「関西学生懇談会」に出席し、関西圏の大学に通う学生らから率直な意見を聞いた。これには、石川氏、伊藤たかえ党女性局次長、熊野せいし党国際局次長らも同席した。

(引用ここまで)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20151219_18786